はるすみのブログ

 

わたしのせかい

■私の世界あなたの世界’04〜 ■私の世界あなたの世界 '07〜 ■私の世界あなたの世界 '10〜 ようこそ我が家へ 俺のこと怖くないのか? ふにゃ〜寝かせてくれ〜 ボスに挨拶して来るか〜 〜パカラン、パカラン〜タリラリラ〜ン だれ!パカランパカランって!

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:はるすみ
よしえさん
「ダントン」と言う映画、調べてみましたら確かにダントンとロベスピエールの闘いをテーマとしてますね。ポーランド映画というところが面白いです。ダントンはロベスピエールの恐怖政治を阻止する為に戦った筈なのに、ここでもやはりギロチンにかけられてますね〜
フランスの方はフランス革命を誇りにしてらっしゃるとのことですが、この革命は失敗に終わったという記述もあります。王制を廃止したところで恐怖政治が始まり、やはり王制復活を市民が望んだという経緯からでしょうか。
日本でフランス革命が人気があると言うのはおそらく「ベルサイユの薔薇」のブームが火をつけたと思われます。それとブルボン王朝の栄華,
特にマリーアントワネットの人気と共にオーストリア・ハプスブルグ家の栄光を照らし合わせたヨーロッパの王室に対する憧れなども関連してると思います。夢のような絵巻物ですものね〜逆にベルサイユ宮殿にはトイレがなかったというのも衝撃でした!
投稿者:よしえ
フランス革命の物語がこんなにも日本で大人気なんて、
フランス人は驚いています。
フランス人はとにかく、フランス革命を誇りにしています。
だから、あんなに血なまぐさい処刑が行われたコンコルド広場が
陰惨な雰囲気を感じないのはそのせいでしょうか?
でも、今は死刑がない国になったことも誇りにしているのですが。

ロベスピエールについては、一般に特に好き嫌いはないみたいですね。
知り合いのフランス人は、はるすみさんと同じような冷静なご意見を言ってました。
「ダントン」という映画がとってもリアルにフランスか革命を描き、ロベスピエールが主役じゃないの!?って思うぐらい登場していたような記憶があります。

http://happy.ap.teacbo-suup.com/123789!!/
投稿者:はるすみ
attchanさん
面白いattchanさんて!
そうですね〜ポヤポヤを真似してカツラを作るのも大変でしょうからね〜笑  漫画ベルバラは一冊の時代小説と同じくらいの内容の濃い物語だと思います。当然ですが池田理代子さんはよく歴史を調べに調べて描かれました。
attchanさんはあまり観劇はなさらないですか?中日劇場がお近いのかしら?中日は結構優れた作品を上演してますね。中日ビル自体が古いのできっと近いうちに建て替えて劇場も綺麗になると思います。そしたら是非一度足をお運び下さい。きっと楽しめると思います^^)/*

投稿者:はるすみ
saayaさん
お久しぶりのお出まし有難うございます。
お化けじゃなくて良かった〜笑
「キャンデエキャンデエ」⇒「キャンディキャンディ」ですね?笑
ベルバラとキャンディキャンディは我々大人になってからの発行だったと思いますが、両方とも大人の鑑賞に堪えうる作品ですよね。ここぞと言うシーンでは泣きましたもの〜
またいらしてくださいね。お体を大切になさって下さいませ。

投稿者:attchan
はるすみさん こんばんは

いつも、はるすみさんの解説を読ませて頂きベルばらも
漸くストーリーが少し分かりかけて参りました(*^_^*)

壮一帆さまのお隣がマリーアントワネット役のお方なのですね。
さすが、髪がポヤポヤ〜とした天然パーマみたいでは無くて
美しすぎて利口そうですね〜

いつもながら劇場の座席に寛いでいらっしゃるはるすみさんが羨ましい〜(^O^)/


http://gold.ap.teacup.com/attchan/
投稿者:saaya
ご無沙汰しています。(お化けじゃぁないわよ^^;)
ベルバラですかぁ〜
 とってもとっても楽しい劇画でしたねぇ〜
 これと「キャンデェキャンデェ」は漫画好きの私には忘れられない作品ですねぇ〜
 

http://silver.ap.teacup.com/saaya/
投稿者:はるすみ
エンピロさん
昨日は家事をご苦労様。奥様は楽しんでこられましたか?たまには良いですね〜。
わはっはは〜フェルゼン伯爵、情けない顔ですか〜おかしい!!笑
確かに肖像画は美男ではないですが、宝塚の舞台ではトップスターの演じる役なので超美形ですよ。それにアントワネットを最後まで命がけで愛したという姿に皆感動します。ラスト、アントワネットを断頭台に見送るフェルゼンが「王妃様==!!」と絶叫するところで幕がおります。
投稿者:エンピロ
フェルゼンは確かに情けない顔をしていますね(笑)どうみても和製顔ですwでも、「命を懸けてマリーを守るという誓いの言葉が素晴らしいです。

女房は昨日仙台で「劇団四季」の「キャッツ」を見ていました。宿泊で留守なので、炊事掃除などは私の当番です(汗・笑)

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:はるすみ
蘭子さん
私は学生時代、ち〜とも勉強をしなかったので、特に歴史は恥ずかしいくらい無知なのです。なので今頃から勉強するにはきっかけが必要です。あれこれきっかけが上手い具合にありまして〜僅かながら得た知識でございます。
今はね、韓国の歴史に興味が出だしたので、日本の古代から読み始めた所です。日本て古代に中国と朝鮮から沢山のものを学んだのね〜そして、今「聖徳太子」が如何に出来た人間だったかを知りましたよ〜〜〜〜
話がそれまして失礼しました。マダァ〜ム・蘭子♪
投稿者:蘭子
この時代の名前と関係が分からないので
こういう記事をアップしてくださると
とても嬉しいです。

>あまり利口な女性とは思えません。どの肖像画を見ても髪がポヤポヤ〜
マリーアントワネットもはるすみさんにかかると〜〜〜確かに!!
一刀両断のはるすみ説、笑ってしまいました。

http://ranko123.cocolog-nifty.com/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ