はるすみのブログ

 

わたしのせかい

■私の世界あなたの世界’04〜 ■私の世界あなたの世界 '07〜 ■私の世界あなたの世界 '10〜 ようこそ我が家へ 俺のこと怖くないのか? ふにゃ〜寝かせてくれ〜 ボスに挨拶して来るか〜 〜パカラン、パカラン〜タリラリラ〜ン だれ!パカランパカランって!

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:はるすみ
❖よしえさん

私もそう思います。人種に関係なく、人柄がよいとか能力のある人はどこの国でも受け入れられると思います。それが理想的なのです。
そんな中で、宗教による習慣の違いは大きな問題と思いますが、お互いに譲り合う心がないとトラブルの大きな元となるでしょうね。
以前アメリカで街のお店でコーラを頼んだら、コップの底にタバコの吸い殻が入っていたことがありました。底に入ってたのですから、間違って入ったとは思えません。完全に嫌がらせです。私は何も抗議はせずすぐに店を出ました。もし抗議をしたらピストルが出てくる社会ですからね。
あれはサンフランシスコかLAの中心街の店でした。
気分悪かったですが、アメリカらしいなとも思いました💦
フランス人は意外と差別しない!嬉しいですね〜寛容な心を持った国民性なのですね〜
シドニー・ポワティエの映画よく覚えています。白人女性と相思相愛なのに彼女の家族に彼が黒人だという理由で反対される・・・という内容だったと思います。

https://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai/
投稿者:よしえ
はるすみさん、この歌詞はとても切なくなりますね。
なんだか、こんなパリ在住の外国人も沢山いそうです。
フランスでも人種差別は存在しますが
人種差別を理由に努力を怠る人もいることは事実です。
「人種差別だ!」と騒いでパトロンを責める外国人がいましたが、「あなた自身の問題では!?」
とその時は思いました。
真面目に仕事する人、能力のある人、人柄の良い人はフランス人のパトロンだって離しません。
でも実際は高級店などで働くのは難しいこともあると思いますが、
「私あのお店で初めて黒人として雇われたの!」
って喜んでいた友達がいましたが、
彼女なら喜んで採用するでしょう!
って思ったものです。
多くのフランス人は人種差別のせいにしないで欲しい!
と思っています。
フランス人は意外に人種差別しない!
と感動することの方が多いです。
ただ、肌の色より宗教による習慣の違いで戸惑うことは多い様ですが。

https://happy.ap.teacup.com/123789/
投稿者:はるすみ
❖omotanさん

日本でも人種差別が?
私が子供の頃、戦後には在日朝鮮人が差別を受けていたと聞いたことがあります。
現在もそういった事があるとは思いませんでした。
勉強不足で申し訳ありません。

https://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai/
投稿者:omotan
なおみ選手は、「アスリートは政治に関わるべきではない、ただ人を楽しませるべきだと言われるのが嫌いです」「これは人権問題です」と毅然とした言葉で応じたそうですが、とても感銘を受けました。

日本で暮らしていると人種差別は身近でないと思われがちですが、果たしてそうでしょうか? 似たようなことが日本でも起きているのでは・・・。

http://www17.plala.or.jp/omorin/index.html
投稿者:はるすみ
❖エンピロさん

大坂なおみさんは「スポーツに政治を持ち込むな」と一部アメリカ人から批判されましたね。そんなこと言ったら最近のオリンピックはどうなんでしょうと問いたいです。
今回の場合は、政治とかでなくメッセージ発信だと思うのですが、それも拒否する人々が居るという現実は正直言って生きにくい世の中です。
エンピロさんの仰る通り、身近ないじめ問題から考えることが大切ですね。 

https://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai/
投稿者:はるすみ
❖ 兼好さん

哀愁波止場!?
分からない事もないですが・・・(笑)
一体どういうセンスなんでしょうね。
面白いエピソード有難うございます。
しかし、哀愁波止場とは何度聞いても
アメリカンポップとは真逆な感じが面白いです!

https://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai/
投稿者:エンピロ
大坂なおみが「BLACK LIVES MATTER」と書かれたユニフォームを着て試合をしていました。まさに黒人の命の問題ですよね。事件が起きるたびに抗議活動が起きますが、警察による黒人への差別的攻撃はこれでもかと言うほど再発しています。

「the Dog of the Bay」という曲は存じませんが、昔から差別的行動があったのですね。対岸の火事と捉えずに身近なところから「いじめ問題」をなくすように務めたいと思っています。

http://green.ap.teacup.com/enpiro
投稿者:クレイジー兼好
この曲を日本でリリースする際、「哀愁波止場」という日本語タイトルをつけようとしたら、演歌の曲みたいでおかしいという事になり、そのままの英語タイトルになったそうですよ(笑)。
投稿者:はるすみ
❖ karinさん

Good morning!
 
いえいえ、古い歌ですのでご存じなくて当然です。謝らないでくださいね✌
そうですね〜人種差別は無くならないような気がしますね。区別でなく差別はいけないと分かっていても、です。
日本で生まれ育った私達には、差別される黒人の方々の気持ちは、分かったようでまだまだ分からないと思います。
しかし、戦後の日本人も相当きつい差別を在日朝鮮人に対してしてました。子供の頃、目の当たりにしました。
人権教育が大切かと思います。
「言うは易く行うは難し」まさに仰る通りだと思います。


https://cute.ap.teacup.com/harusumrenokai/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ