はるすみのブログ

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

わたしのせかい

■私の世界あなたの世界’04〜 ■私の世界あなたの世界 '07〜 ■私の世界あなたの世界 '10〜 ようこそ我が家へ 俺のこと怖くないのか? ふにゃ〜寝かせてくれ〜 ボスに挨拶して来るか〜 〜パカラン、パカラン〜タリラリラ〜ン だれ!パカランパカランって!

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:はるすみ
🎶クレージー兼好さん

ナンシーシナトラとは懐かしい名前です。
3〜4曲ヒットしましたよね。嫌いではなかったです。タイトルもメロディも女の子向けで可愛かったです。
某中古屋の親父さんと好みが合いましたか!お二人とも相当マニアックでいらっしゃいますね。すばらしい!もしや中野の?
投稿者:はるすみ
🎶i6bworldさん

おっしゃる通りですね。私も最近の楽曲はリズム先行であまり好きになれません。やはりメロディアスでないと琴線に触れません。
ダルセーニョが4回もあったのではきちんと勘定してないと忘れっぽい私には難しいです(笑)
投稿者:はるすみ
🎶エンピロさん

エンピロさん!私だって若いころのシナトラは知りませんよ〜〜!若いころを知っているのは親の世代ですゥ。全くもぉ。(--;)
あっはは、よくぞ言ってくださいました。「訳詞如来」とは光栄です。
二年前に会津で加山雄三の公演があったのですね。奥様といらっしゃったと記憶しております。素敵だったでしょうね。シナトラや、ペリーコモを歌える日本人と言ったら加山雄三ですからね〜聴きたかったです。
投稿者:クレイジー兼好
俺は、娘のナンシーシナトラが好きです。歌はあまり上手くないけど、「レモンのキッス」や「イチゴの片思い」等々、良いですよね。以前、某中古屋のオヤジと意見が一致したのは、「逢ったとたんにひとめぼれ(つのる想い)」は、あまたのカバーの中で、ナンシーのバージョンが一番だという事でした。
投稿者:エンピロ
フランク・シナトラの若い頃は存じません。はるすみさんよりも少し若い世代ですから(笑)

私達の世代はやはり「マイウェイ」でしょうね。マイウェイを歌った2年前の加山雄三の会津若松公演を思い出しました。

訳詞をされるはるすみさんに感動です。数年前も拝見したことがありました。語学と感性が豊かな方でないとこのような訳はできません。私は薬師如来を眺めるとホッとします。はるすみさんは“訳詞如来”ですね。

http://green.a p.teacup.com/enpiro/
投稿者:はるすみ
🎶karinさん

karinさんは自然に囲まれた環境で育ったのですね。新宿生まれの私には想像もできないのですが、子供の頃の遊びは多分私の方が暴れん坊で野山を駆け巡るような子だったと思います。
大人になって家にいるのが一番好き!とはだれが想像できたでしょう。その位、都会の野生児でした。(笑)

karinさんの初洋画は「ベンハー」でしたか!私の初洋画はディズニーアニメの「バンビ」だったと思います。
いま見ても「ベンハー」は名作だと思います。
大学は東京に?蓄音機〜懐かしいです。私も電気でなく手動の蓄音機でレコードを聴いてました。スローになると慌ててレバーを回しましたね(笑)
訳詞を褒めて頂き有難うございます。

訳詞は高校生の頃から大好きでした。社会人になってから帝国劇場で初演の「マイフェアレディ」の舞台用の歌詞を全編訳詞をしましたが、残念ながら採用されませんでした(涙)
そんなこんなの青春時代でしたね。
投稿者:はるすみ
🎶omotannさん

omotannさんの上司I氏の以前の記事をよく覚えてます。I氏もポップスがお好きでいらしたようですね。「ダイアナ」も大ヒットしました。私今でも歌えますよ(笑)ポールアンカが来日し有楽町の日劇で熱狂的なファンの前で歌いました。
今でもomotannさんから慕われるI上司はお幸せな方ですね。
投稿者:i6bworld
昔のポピュ―ラ―の曲は良いですね、また日本の同じく流行歌なども聞いていて安心しますが、最近の若者が唄う曲は付いていけません、楽譜など見るとダルセニヨが2〜4回位あり注意していないと見落とす事がありますね。

http://www12.oninet.ne.jp/i6bworld/
投稿者:karin
はるすみさん こんばんは

私は外国人に初めてお会いしたのは高校2年の修学旅行の時、生まれて初めて観た洋画はアメリカ映画の「ベンハー」で、やはり高校2年生の時でした。映画館のないところで育ち、テレビのない家で育ちました。

フランク・シナトラの歌も大学生になって初めて聞いたのでした。下宿先に蓄音機がなかったので、友人の家できかせてもらいました。「フランク・シナトラ」と名前を聞いただけで学生時代が思い出されます。

はるすみさん、訳詩もすばらしいですね!すごい!

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:omotann
「2012/2/19 ボスと呼べる人」は、こちらです。↓
http://fine.ap.teacup.com/omotann/1738.html

http://www17.plala.or.jp/omorin/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ