はるすみのブログ

 

わたしのせかい

■私の世界あなたの世界’04〜 ■私の世界あなたの世界 '07〜 ■私の世界あなたの世界 '10〜 ようこそ我が家へ 俺のこと怖くないのか? ふにゃ〜寝かせてくれ〜 ボスに挨拶して来るか〜 〜パカラン、パカラン〜タリラリラ〜ン だれ!パカランパカランって!

最近の記事

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:はるすみ
karinさん

Sorry it doesn't exist right here.
まさしく「どぎまぎ」しっぱなしでしたね。
それと「イライラ」も加えてストレス充満してました(笑)

6年ほど前にこれが最後の日本公演となるだろうと国際フォーラムの公演に行きました。かなりのおじいちゃんになってましたが、ピアノを弾き独特のしゃがれた小さな声で客席を魅了しました。
そしたら今度こそ最後か!もしれない日本公演が4月に予定されてました。是非行こうと思っています。

鴨川べりを散歩する彼とそれを土手の上からずっと見ていた私との時間は本当に素敵な時間でした。





http://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai
投稿者:はるすみ
よしえさん

もう時効だからばらしちゃいましたが当時はいい加減なものでしたね。

第一、私は何のプロでもないんですYo。そんな私に声をかけること自体がそもそも無謀です!笑
そんな私がページを埋めたのですからね〜世の中って筋書き通りに行かなくて普通と思っていたほうがよいのかもしれません。


http://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai
投稿者:はるすみ
omotannさん

残念ながら一度目を通しただけで処分したものと思われます。
半生記をお書きになられたとは凄いですね。
折り返し点といいますと?50歳の時ですか?
私もとっくに折り返しましたが、50歳の頃を思い返すとまだまだ未熟で自分自身を振り返るには及びませんでしたね。もともと頭の中身が幼稚なものですから反省記さえ今でもかけませ〜ン。

ちゃんとした大人になりたいと長年考えていますが、それがナカナカ・・・・。アチコチ目移りして一向に落ち着きません。ハイ。




http://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai
投稿者:はるすみ
エンピロさん

失礼しました。

出ませんでしたm(__)m





http://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai
投稿者:はるすみ
エンピロさん

残念なことに保管しておりません。発行されたときに見ただけです。

バカラックという名前はご存じないかもしれませんが、聴けばすぐわかります。たとえば〜

<iframe width="360" height="315" src="//www.youtube.com/embed/FWvamaqBH6s" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

ね?知ってたでしょ?



http://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai
投稿者:karin
はるすみさん こんばんは

うわ〜、今となっては素敵な思い出ですね!

はるすみさんの「ドキマギ」される様子が見え、
「ドキドキ」と鳴る鼓動が私にも伝わって
くるようです。

「バート・バカラック:意外な42歳の素顔」
I wish I could read it!


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:はるすみ
attchanさん

それが残念ながら大昔に処分したようですね。自分でも記憶にない!(^^;)

昨日からの雪は先週に比べ物にならないくらいの大雪でした。風邪は強いし見る見る間に積もって行ってベランダの犬小屋は全部隠れてしまいました!怖かったです〜
テレビでは東京20センチと言ってますが、私の家のほうは倍はあったように思いますね、

タイヤの跡を自転車で走ってコンビニまで行ってきました。無事、セーフ帰宅。やはり雪道はいくら自転車得意とエバっている私も、流石に緊張しました。
(;A´▽`A

http://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai
投稿者:はるすみ
蘭子さん

一緒にプンプンしてくれてありがと。
出来るならリアルタイムでご一緒だったらな〜
コテンパンにやっつけられたと思います。
今となってはあのライターの生存確率が案じられます。おそらくどこででもあんな調子だといつかは刺客を向かわされているのではないかと・・・なむ〜。

蘭子さんはプロでらっしゃるので多方面からの要請があるでしょうね。才能のある方は素晴らしいわ〜
私のように唯の友人関係で頼まれたなんて当時の業界の甘さ緩さというものですわん。いつか又お話したいと思いますが、この友達はとにかく高校生の頃から変わり者でして面白いエピソードが色々あります。今で言えば企業家っぽい人。今は釣り本を月刊発行してます。




http://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai
投稿者:よしえ
結局、はるすみさんにアシストをしてもらって、救われたというか正解だったわけですね〜!
雑誌社もライターも。

真実はこの様に、面白いものだとは!
なんか得した気分です(笑

http://happy.ap.teacup.com/123789/
投稿者:omotann
折しも、岡山出身の高橋大輔選手の使用曲を巡ってゴーストライター事件が表沙汰になりましたが、これと歩調を合わせるかのようにはるすみさんの青春時代を彷彿させるお話しを、同時代を共有している一人として、特別な思い入れをもって拝読いたしました。

私は人生を折り返した時点で、半生記(反省記)を家族限定版として数冊残しておりますが、もしこれほどの素晴らしい経験があったならばダントツのトップ記事として飾っていたと思います。

ノンノ創刊号の記事を拝見したいものです。是非とも何らかの形で宜しくお願いいたします。

http://www3.oninet.ne.jp/omori/index.html
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ