2009/7/22

露天風呂付きのお部屋  貸切露天風呂付客室

露天風呂付きのお部屋

最近のホテルや旅館のお部屋には、露天風呂付きのお部屋が大変増えてきました。露天風呂が本当に大好きなんですよね。あなたのお家のベランダやお庭に露天風呂ができたら、どんなにか素敵でしょう!それに、このキットがあれば、あなたのお家でいつでも、予約をしなくても、遠くにでかけなくても、自由に露天風呂を満喫できます。

アウベルクラフトの組立式?露天風呂キットは、あなたのお家のベランダやお庭に設置できる桧製の露天風呂です。特別な工事は一切必要ありません。しかも使わない時には片づけることもできるので場所を取ることもありません。さあこのキットを使って、あなたのお家に露天風呂を作ってください。きっとお父さんと子どもたちとの距離も、ぐぐ〜っと縮まります!家族水入らずで露天風呂を楽しんでくださいね。

もちろん、この露天風呂キットは持ち運び可能ですから別荘やアウトドアなどさまざまな場所でも使えます。この露天風呂盗撮キットの大きな特長は、組立分解がたった10分ほどでできるということです。いるのはドライバーだけ、露天風呂キットは特別な工具も技術もいりません。どなたでも簡単に組立や分解ができるようにしています。最初は慣れていないので、もう少し時間はかかりますが、それでも30分もあれば、組立ができます。この露天風呂キットをさまざまな場所で使ってください。

どんな構造になっているかと言うと、はめ込み式になっていて、順番に下から積み木のように乗せていくだけです。あとは内袋をセットし、薪焚きタイプの場合はさらに風呂釜をセットします。

薪で焚いたお風呂はとっても柔らかで肌に優しく感じます。それにお風呂から出てもいつまでもポカポカと暖かく、湯冷めもしにくいと言われています。その理由は薪を燃やして出る「遠赤外線」です。この効果でお湯が柔らかになり、水のクラスターが小さくなります。さらに血行もよくなるので湯冷めしにくくなるというわけです。あなたもこの素晴らしいお湯に浸かってその良さを体験してみてください。

マンションのベランダやバルコニーでご利用の場合やお庭で露天風呂キットを使う場合で近隣に煙りの迷惑がかかる場合は、給湯タイプをご使用ください。こちらのタイプは給湯器などからお湯をひいてお使いいただきます。なお、給湯用の給水ホース及び排水用のバスポンプは、ホームセンターなどでお求めください。

0

2009/7/22

温泉における露天風呂  貸切露天風呂付客室

温泉における露天風呂

温泉における露天風呂の人気は高い。景色を眺めながら入浴出来ることや、入浴時に開放感を味わえること、また浴室内に熱がこもるようなことがないためのぼせにくいことなど様々な要因が挙げられる。そのため、多くの旅館、日帰り入浴施設は内湯だけでなく露天風呂も併設している。

露天風呂番付(ろてんぶろばんづけ)は、温泉番付の一種であり、露天風呂が有名な温泉地を番付したものである。作成されたのは1981年で、野口冬人の手で編集された。露天風呂番付における西の横綱は湯原温泉の「砂湯」、東の横綱は宝川温泉である。湯原温泉には大きな露天風呂番付のモニュメントが掲示されており、温泉地のシンボルとなっている。

但し、2つの貸切露天風呂湯船を持つことで源泉の必要量が増す。そのため源泉が十分に確保できない場合は循環風呂になったり、片方の浴槽から溢れた湯を残りの浴槽に注ぐことが発生する。 また、近年の趣向として目隠し等を気にするばかり、天井と三方の壁に囲まれて完全な屋内風呂の赴きでありながら「露天風呂」としているところもある。この場合、露天風呂ならではの開放感や眺望の良さは完全に損なわれてしまうため、半露天(一方向だけが外へ開いている)としているところもある。

温泉に限らず、多くのスーパー銭湯においても露天風呂が設置されている。
0

2009/7/22

義母セックスの話  熟女、熟年セックス

義母セックスの話

妻が女友達と一泊旅行で不在の初夏の夕方、妙子が自宅に一人で来たのです。
妻が旅行中であることは知っているはずなのに。
妙子は上半身のライン、とりわけバストの大きさがはっきりわかるくらい体にフィット義母セックスした白色ブラウスを着て、これまたヒップラインくっきりの膝上15センチ黒色革製タイトミニスカートを履いていました。

エナメルで光線のごとく光を放つ黒色のハイヒールは高く、SMの女王様の気品さえ漂
うほどで、妻の実家で見る妙子も十分魅力的ですが、今日は一段と熟女を感じさせ、この玄関先で5分時間が停止したら、体に触れなくても、妙子自身とその服装で2回は軽く、オナニー出来ると思いました。妙子は夕食を作りに来てくれたらしく、食事後は二人でワインを飲んだりしていましたが、彼女はほとんど飲めないので、なんとなく盛り上がらず、私も緊張したせいかあまり話しをせず、沈黙が続きました。

義父も社内旅行で不在と言っていましたが、妙子は夫と陽子は若い頃から肉体関係にあ

るのよと、急に話しかけてきたのです。
妙子を注視すると、座っていたソファーでお尻を少し斜めにし、肌色のストッキングに

包まれた細い脚を目一杯開いて、
右手を革製スカートに入れ陰部を触っていたのです。

妙子は低く
「ハァーン??フーン???アーン??」
と喘ぎ、陽子と私、夫は血がつながっているのよ。
今頃、二人は中年の男と若い女の不倫のようにお互いの体を貪りあっているのよと、感

じているのか途切れ途切れ話しました。
妙子のその後の喘ぎながらの話しによると、昔から陽子は妙子が若い男や初老の男性と

不倫を繰り返すことから、
義父がかわいそうになり、中学3年生の時、陽子から誘うような感じで、近親相姦が始

まった。

最初は実の娘との行為をためらう義父であったが、実の娘といえども若い女性の裸体に

溺れ、今も関係は継続されているらしい。
陽子はその後何人かの男性と付き合ったが、義父が忘れられず、私との結婚が決まった

ときも、
真顔で妙子が義父との離婚に応じ家を出て行けば、陽子はこれからも結婚せず、
実家にいて、義父との夫婦生活を継続したいと言われたことを、私に告白しました。

妙子は私に対する挑発をやめず、白色のブラウスは両肩からはだけ、
黒色のブラジャーから左側のオッパイが現れ、茶色の乳首が妙に熟女を感じさせました


革製スカートは両膝でかかり床には落下せず、黒色Tパックは陰部付近を中心にかなり

ぬれた状態であるのに、
まだTパックの横から右手の人さじ指でいじっては、先程より幾分高い声で一人で喘い

でいました。
「隆史どうするの???こないの????このまま義母さんに一人でさせておくつもり??
女房の性癖を聞かされて、怖じ気付いた????男でしょう、早くここに来て私に犯られ

なさい!」

妙子は私に陰部を舌で舐めるように命じました。
陰部を舐めようと顔を近づけると、私の耳に口元を近づけ、息を吹きかけ、強弱をつけ

て噛んできたのです。
私は感じて女性のような声を出してしまい、それが妙子を興奮させたのか、
私を床に仰向けに強引に寝かせると、妙子は下半身のTパックだけ脱ぎ捨て、
顔に陰部を押しつけそのまま座った状態になり、丹念に舐めさせましたが妙子も感じて

いるらしく腰を上下に移動させていました。

妙子は私におしっこを飲むよう命じましたが、そのとき既に熟女の淫靡な魅力に失神寸

前に陥っていたので
その命令に返答出来ず、妙子の勢いのよいおしっこをかけられやっと正常にもどり、そ

の後おしっこはすべて飲み干したのです。
次に妙子は股間を私の顔に押しつけたまま、前屈みの体制からのけぞるような体制をと

りました。
丁度、妙子の陰部を含む股間からお尻が私の口にくるような体制です。

妙子は肛門を舌で這わせるよう命じ、私は従いました。
妙子の肛門は彼女らしく熟女のたしなみなのか、コロンの香りがして臭くはありません

でしたが、
先程からの妙子自身の愛液が前の陰部から肛門に伝わりヌルヌルして、なんともいえな

いような舌触りで、
私の舌の這わせ加減と妙子の喘ぎ声の強弱が見事に一致するので、かなり強くやりまし

た。
それでも少しでも弱まると妙子の膝蹴りが私の胸横に入るので気は抜けません。

そのうちおしっこをかけられたので、今度はウ○コかもしれないと想像すると、ドキド

キしてしまい、
それを妙子も察知したのか
「隆史、ウ○コかけられたいの?」
と聞くので、興奮しましたが、結局ウ○コは妙子の肛門から排泄されることはありませ

んでした。
その後は、シックスナインの体位で、私の勃起した部分をブリーフの上から噛んだり、

かじったり、手でいじったりし、
私は妙子の喘ぎを聞き、それだけでいってしましました。

それから私たちは浴室に行き、妙子はこのとき初めて全裸になりました。
バスタブに対面で入りました。
バストは小ぶりですが、垂れてはおらず、乳首も少し濃いピンクで、全く年齢を感じさ

せず私は舌を狂ったように這わせると、
妙子は先程の女王様のようではなく、まるでバージンのようにかわいらしく喘ぐので、

私は調子に乗って、
妙子をバスの上に腰掛けさせ、めいっぱい脚を広げさせ、露になった陰部に舌を突っ込

みました。

なんとなく私が主導権を握った感じでしたので、妙子をベットに導きました。
私は妙子にスカートやパンティをはかせ、スカートをまくり上げ、パンティを左膝付近

まで下げさせ、
ブラウスも着せ前をはだけさせたまま、妙子を下にし、乳首を舌で転がしました。

妙子は私の頭を両手で押さえつけ、だんだん興奮した声を出し、今度は下半身に顔を押

しつけるので、
また陰部をなめ回したり、クリトリスに舌を突っ込み妙子の反応をみたら、
雌の野獣が狂ったようによがり狂い、首や腰が折れるほどひねっていました。
妙子は私の上になり腰を私の下半身に沈めると、私が腰を動かす前に自分自身で腰を動

かし"狂って"しまい、

「隆史まだよ??まだよ!これからよ???まだガマンしなさい!!
イク??イク??息子にイクゥ??狂っちゃう??死んじゃう??ダメぇ、ダメ??ンーウゥ??ンー

ンーアンアン!」

もうすぐ60と思えないくらい、激しくよがっていました。
「隆史義母さんのおま○こに、いっぱい出しなさい」
と、絶叫したとき妙子を先にイカせようと頑張っていた私ですが、ついに妙子の中で爆

発してしまったのです。
妙子は満足したのか、苦しそうな顔をし、息をかなり荒くし、陰部からは私の精子がド

クドクと流れていました。
妙子とはこの後、お互い裸のまま軽食をとったり、飲酒したり恋人のように過ごし、も

ちろん濃縮なセックスを堪能し、
今晩のことは陽子や義父に内緒にする約束をし、明け方帰宅したのです。

その後、私は妙子の性の奴隷となったのです。
仕事中でも携帯電話で呼び出されます。
妙子しかいない妻の実家でおもいっきりいたぶられます。
ベットの上で服を着たまま妙子の体を狂ったように貪ると、このまま死んでもいいと思

えてきて、
そのことを妙子に言うと、スカーフで私の首を強く絞め、そのまま気絶してしまうこと

さえあります。

妙子はだんだんエスカレートしてきて、義父が不在の時、妻と家に遊びに行ったときな

ど、
妻が入浴すると、私のジーパンを下げ、顔を股間におしつけフェラチオしながら、
「今日は家に泊まりなさい???旦那とは一緒に寝てないから、陽子が寝たら部屋に来る

のよ。
陽子とセックス出来ないように抜き取っておくから」
と、絶妙に舌を這わせます。

妙子はスカートを自ら脱ぎ、片足を椅子に上げるので、クリトリスを丁寧に舐めあげる

と、
妻に聞こえるくらい声が大きくなるので、妙子に入れたまま口を塞ぐと、手を払いのけ



「隆史のおちん○ん大きいから、妙子のおま○こ気持ちいい」
「おまえはママのものよ」
「もっとおま○この中こねくりまわしなさい」

などと、わざと妻に聞こえるくらい大きな声で下品なことを喘ぐのです。
そして本当に妻とはセックスできないように、精液を飲み干すのです。
妻は妙子との関係を知っているのか、全く私に求めてきません。
妻が本当に寝たかどうかわかりませんが、私は妙子の部屋に行きました。

ペニスバンドをした妙子に私は、アヌスを何回も突かれなんともいえず苦痛と気持ち良

さで思わず声を出してしまいました。
最近では妻や義父がちょっと席をはずし台所などに行くと、私の膝に腰掛け、おっぱい

を噛ませたり、
私の手をつかみスカートの中に入れて
「私って見られると燃えるのよ。見せつけてやりましょうか?」
と、つぶやくのです。

見せるのは夫や実の娘で、やるのは娘の夫なのです。
妙子はもう完全に"異常な変態"です。
私がいやがるのを楽しんでいるのです。

昼間呼び出されて家に行くと、妙子は真っ裸で、床でオナニーをしていました。
私は抱こうとすると、
「今日はママのオナニーを見て、隆史はひとりでセんズリしなさい」
そして妙子の顔にかけるよう命令するので、たっぷりかけると顔から下に流れます。

あるとき妙子は私に抱っこされる体制をとり、私の頭を手で押さえつけ、自分のおっぱ

いを愛撫させ、感じた声で
「ママと陽子とどっちのセックスがいいの?どっちのおま○こが良いのか聞いてるのよ

!」
答える間もなく妙子の命令で、私にお尻を向けて四つんばいになった妙子の服やスカー

ト、
下着を手を使わず私の口だけで脱がして、アヌスをいいというまで舐めさせます。

妙子は狂ったように喘いでいます。
「ア???ゥ??ン???ママの???お尻の穴どうなの???ン??もっと上手にきれいにするの

よ???」
後でわかったことですが、陽子と義父の関係は全くのでたらめだったのです。

来週から妙子夫婦と同居することになりました。
喜んでいるのは妙子だけで
【ぼうやをママがたっぷり、かわいがってあげるから覚悟しなさい???もう逃げられな

いのよ。友達にも紹介してあげるから】
との、メールが届きました。

妙子には同年代の同じ性癖の悪友が3人いるそうです。
どうやら彼女たちにも奉仕することになりそうです。
1

2009/7/22

義母とセックス  熟女、熟年セックス

義母とセックス

女房の母親は2度結婚に失敗して、それ以後独身を通している。妻が今34歳だから55歳のはず。

妻は細身だが、義母は肉感的な身体をしている。胸もお尻もずっと女性的で丸く、セックスする上においてなんら問題はない。妻が出産の為、1週間ほど義母は俺達のマンションで暮らしそこから病院に通っていたんだが、その時の二人だけの秘密になってしまったことを話そうと思う。

俺が勤め義母セックス先から帰ると、義母はそれまでに病院に行って帰っており、夕食もすっかり準備でき、お風呂も沸かせてくれていた。まずは風呂に入っていると、下着を持って脱衣室に入って来て「ここに下着をおいておきますよ。よければ、背中を流してあげましょうか?」と。俺はその時よからぬ期待をして「じゃあお願いできますか?」と。時期は6月中だったので、上は半そでのセーターでスカートを穿いていた。

俺の背中を洗ってくれていたんですが、「服が濡れてしまうんじゃあないですか?よければ、一緒に入りませんか?」と誘うと「それはいけないでしょう?夫婦じゃあないんですから」と俺はすかさず「別に、不倫相手の女性を連れ込んでいるわけじゃあないんだから???」と言うと「そうねえ、でもこの歳になっても男性と一緒には恥ずかしいわ」と。

「なにいってんですか?じゃあ俺はどうなるの?俺だってはだかじゃあないですか?お互い様ですよ」と。

「そうねえ、じゃあそうしようかしら」と一旦、脱衣室に行き、入って来た。見ると今まで服の上から想像していた以上に肉感的な身体だった。おっぱいもお尻もおれにとって申し分ない裸体だった。陰毛も少し多めであった。背中を洗ってくれた後、お湯で流してくれ「これでいいですか?」と言うんで「義母さん、ついでに前も洗って下さいよ」と俺は身体を義母の方に向けた。

義母は一瞬俺のペニスに目を向けたのは確認できた。どこを洗っていいのかわからないらしく胸のあたりばかり洗ってくれていた。俺は両足を開き、すでに勃起を初めていたペニスを突き出すように義母に向けると、無表情を装って下半身に手をのばして来た。俺は義母がやりやすくするために「義母さん、男の一番大切なところをきれいに洗ってくださいよ」と言った。義母は手にいっぱいソープをつけ手をのばして来た。竿からタマタマにかけ次第に手に力が入って来たのを感じるともう俺のペニスははちきれんばかりになっていた。

「お元気ですねえ。久しぶりに男性のおちんちんを見たわ」と言ったので「義母さん、俺もうしんどいですわ。いつ出してから出してないか。もう溜まってしまって。」と卑猥な言葉を口にすると「男性って、溜まると出さないとくるしいらしいわねえ」と。「そうなんだ。和江(妻)と結婚するまではしかたなくマスをかいていたんだけど、結婚してからは、やってないんですよ。

妻は生理の時は手や口で射精させてもらっていたから」とさらに卑猥な言葉を言うと「そうなの?和枝はそんなこと、してあげていたんですか?」「義母さん、和枝が退院するまで、和枝に代わって義母さんとしたらいけないですか?義母さんもしばらくセックスしてないんでしょう?」と。「もちろんですよ。

そんな男性いないから」「義母さんは未だ若いからセックスしたいでしょう?俺としようよ」と義母は黙っていた。お風呂から出て煙草を吸っていると義母はバスタオルを裸体に巻いてでてきた。おれはためらうことなくそのバスタオルを引き取った。明かりの下で、お湯で赤くなった裸体はよりなまめかしく光っていた。俺は無言でしゃがませに王立ちになって腰を突き出した。義母は眼をとじ、パクリと勃起した俺のペニスを咥えてくれた。
39

2009/7/22

恐るべし!リラックス空間!  おっぱい占い

恐るべし!リラックス空間!

年齢を重ねたり、授乳経験などでおっぱいの形は若いときと比べると確かに衰えて見えますよね?それも同じ年齢を重ねた男性にとっては味わい深い、という意見もよく聞きます。

先程もちらっと出ましたが、私が思うにおっぱいは女性の身体の中のリラックスパーツと考えても良いのではないでしょうか?そして男性たちは、元気の出ない時にHをしたい訳ではないけど、おっぱいを触っていると安心する、気持ちが安らかになる、なんてことを口にします。

エッチをするのではなく、ただただ膝枕や胸に顔を埋めてじっとしている、等々。きっとおっぱいブログあなたの体温や、柔らかさに彼は酔いしれているはずです。それだけおっぱいは、男性にとって、どれだけ年齢を重ねても、憧れだったり、子どもの気持ちに帰って素直に甘えられる場所だったりするのですね。

彼の元気がない時、精神的に落ち込んでいる時、お疲れモードの時???。そんな時はさりげなく抱き締めてあげて、おっぱいに顔を埋めさせてあげる、おっぱいを触りやすい状況を作ってあげるなどすると、喜ばない男性はいないはずです。

さりげなくそんなムードを作ってあげられる女性でいたいものですね
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ