2011/10/12 | 投稿者: モッチー

この前に、アウトレットモールに遊びに行ってきました。
アウトレットモールに行った一つの目的は来月の連休に行くキャンプ用品を補充するため。

週末だったから家族連れなど人が多かったけど、
アウトドア用の靴や服などを見て回りました。

その中でも私はパタゴニアの服が好きなんでショップに入ってみました。

ずっとネットで購入したんですが
やっぱり手に取ってみて生地なども確かめられるのでお店で買った方が安心でした。
お陰で少々予定よりも高く購入してしまいました。
0

2011/10/11 | 投稿者: トラベル好き

大学生の頃、サークルの友人と二人でトルコに旅行に行きました。
私はその時初めての海外旅行だったのですが、友人が何度も海外に行った経験があり
荷物の準備から色々教えてもらいました。

ファミリーなどの海外旅行や新婚旅行と言えばキャリーバッグを連想する人も多いと思いますが、
友人にはキャリーバックよりもバックパックを薦められました。

バックパックはあまり馴染みがなくて知らなかったのですが、
有名どころの、カリマーグレゴリーミレーグラナイトギアを教えてくれて、
デザインや機能などでグレゴリーを選択しました。
友人はカリマーを愛用してるみたいです。
0

2011/9/29 | 投稿者: きらり

スノーシューは散歩用と登山用があります。
スノーシューを販売する主なメーカーはmsr スノーシューTSL スノーシューATLAS スノーシューなどがあります。

スノーシューを選ぶ時のポイントとしては、自分の体重重量に合った物を選ぶ、用途を正確に把握して選ぶ、自分に靴に合うビンディングを選ぶなどがあります。

当日荷物が重いのでと、少し大きめのスノーシューを選ぼうとする人がいますが、散策程度なら標準のものが良いです。
一つ大きめのスノーシューを選ぶとそれだけ重みも増すことになるので歩きにくかったりするからです。

私はmsr スノーシューをオススメします。
0

2011/9/20 | 投稿者: アメ―

ゴーライトのテントはアウトドア用品として1998年に誕生したブランドです。

ゴーライトのテントや山のような付きだしたシェルターになっているものが多くどれもユニークな形をしています。

ゴーライト シャングリラは多能で軽量化されていて、どんな季節でも使用可能です。

4シーズン利用出来るように設計されていて、雨などを含むことがない生地なので、雨風に吹かれても
テントが重くなることがありません。

ソロ以外の複数利用テントには
ゴーライト シャングリラ3ゴーライト シャングリラ5などがあります。
0

2011/9/8 | 投稿者: くらら

足元が岩だらけであったり、テントがはれる十分なスペースがない時はヒルバーグ タープが大活躍します。
ヒルバーグのタープは二人用テントで、すべてを覆われていないテントなので、自然を満喫することが出来ます。

登山をする時の心得は急に登ったり下ったりしないことです。

地上よりも空気が薄いため、ゆっくりしたペースでないと息が上がってしまいます。
一度上がった息はなかなか戻らない為息が上がらないようにゆっくりのペースで登ることが基本。

山は標高が高く、空気も薄いためゆっくりした動作で順応しなければいけません。

その為寒い外の空気をテント内に入れないように居住性の良い物を厳選しなければいけません。

ヒルバーグ アクトヒルバーグ アラックヒルバーグ ソウロヒルバーグ ウナなどはテントの組立もしやすくコンパクトにまとまるのでプロの登山家も愛用しています。

まずは確実なスペース作りが大切ですね。
0




AutoPage最新お知らせ